IMG_0980.jpg
瑕疵担保責任保険で
住まいと購入者様を守ります。
せっかくの新築住宅に瑕疵(不具合)があったら…。
大きな買い物だったのにまたお金がかかるの?誰が直してくれるの?ちゃんと直してもらえるの?
LDKが取り扱う瑕疵担保責任保険「JIOわが家の保険」が、安心・安全な住まいと購入者様を守ります。
 
消費者を守る2つの法律

住宅の品質を守る『住宅品質確保法』

 

『住宅品質確保法』は、新築に瑕疵があった場合は建設・販売した住宅事業者が費用を負担して補修を行うことを定める法律です。
保証されるのは、基礎や柱といった構造耐力に関わる主要部分と、外壁や屋根といった雨水の浸入を防ぐ部分で、保証期間は10年間です。

補修費用を確保する『住宅瑕疵担保履行法』

 

『住宅瑕疵担保履行法』では、もしも瑕疵が発生した場合でも確実に補修できるよう、住宅事業者が補修費用を確保することを義務付ける法律です。
確保の方法には「保険」と「供託」があり、どちらの方法であっても住宅事業者が倒産した場合は、住宅購入者様が保険会社・供託所に直接保険金を請求できます。

p25.jpg
 
JIOわが家の保険

瑕疵担保責任保険『JIOわが家の保険』

 

LDKでは、瑕疵担保責任保険「JIOわが家の保険」に加入しております。

「JIOわが家の保険」とは住宅品質確保法・住宅瑕疵担保履行法により定められた新築住宅の品質と新築住宅購入する消費者を守る保険です。
住宅事業者が個々の新築ごとに加入してJIOへ保険料を支払い、瑕疵があった場合にはJIOが住宅事業者へ保険金を支払われる仕組みです。住宅事業者はこの保険金を修理費に当て、住宅の補修を行います。

LDKが担当させていただいた新築住宅に万が一欠損・不具合があった時、当社はJIOから支払われる保険金を補修費にして作業を行います。お客様は面倒な手続きをする必要がなく、スムーズに着工・補修できるのも大きなメリットです。

illust02.jpg

 

 

 

 

 

「JIOわが家の保険」の5つのポイント

 

 住宅事業者が万が一の瑕疵に備えて、

 個々の新築住宅ごとに加入します。

 住宅購入者様が直接申し込む保険で

 はありません。

 

 建築中に、JIOが瑕疵保険の設計施工

 基準に基づく検査(保険の引き受けが

 可能かどうかの確認)を行うことで、 

 瑕疵の発生防止力が高まります。

 

 万が一瑕疵が発生した場合、JIOの保

 険金は住宅事業者へ支払われます。

 補修費用で補修が行われるため、

 スムーズに着工できます。

 万が一瑕疵が発生した時に住宅事業者が倒産していた場合、

 本来住宅事業者へ支払われるはずだった保険金を、住宅購入

 者様がJIOに直接請求することができます。

 保険金は補修工事費の他、補修工事中の仮住まい費や、補修

 の範囲や方法の調査費も対象です。支払保険金の限度額は

 2,000万円です。(※)

※戸建住宅ではオプションで3,000万円・4,000万円・5,000万円のコースもお選びいただけます。

保険の対象となる新築住宅の部分

保険の対象となるのは住宅品質確保法に定められた、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分です。具体的には、柱や基礎等、不具合があると住宅の強度が低下してしまう部分や、屋根や外壁等きちんと防水処理をしていないと雨水が浸入してしまう部分です。

illust03-pc.png